NO.85 周産期メンタルヘルスケアの実践から見える多職種連携のあり方を考える

研修日時 2020年10月25日(日)  13:00~16:00
ねらい 今年度からエジンバラを導入した産婦健康診査が開始となり、医療機関や行政等地域で母子支援を担う多職種の連携がさらに求められる中、「妊娠期からの切れ目のない支援に向けた看護職の視点」を通して、看護職間が連携し、切れ目ない母子支援に向けた体制構築を考えるきっかけとする。
内容 周産期メンタルヘルスケアの実践から見える多職種連携のあり方を考える~妊娠期から切れ目のない母子支援のための体制構築に向けて~
/事例紹介・振り返り/講演/ディスカッション
参加費 駐車料 会員300円/日、非会員600円/日
申込期間 2020年10月9日まで