継続教育の基本方針

1.基本理念

香川県看護協会は、専門職である看護職が、個々に自らのキャリア形成を図り、その社会的責務が果たせるように継続教育を支援する。

2.教育目的

看護専門職として、自己の責任における継続的な研鑽により、多様なヘルスケアニーズに対応できる看護実践能力の向上を図る。

3.教育目標

1.看護倫理を基盤にした、安全で質の高い看護実践能力を養う。
2.研究的・科学的探究心を養うとともに、関連課題について探求する姿勢を養う。
3.看護職に必要なリーダーシップ能力・マネジメント能力を養う。

4.平成27年度教育計画における研修プログラムのポイント

2025年問題に向けた看護職の役割を意識した研修プログラムとする。
看護職が、人びとの心と暮らしに寄り添いつつ客観的な視点を持ち、さまざまな場でより自律的に専門的援助を行うための研修を実施する。
1.地域包括ケアシステムの中で、看護職が医療モデルから生活モデルへの転換をスムーズに進めるための研修を実施する。また、多職種との円滑な協働を促進し、調整役を担うための研修を充実させる。
2.看護力の向上のために、指導・育成の要となる看護管理者の研修を拡充する。
3.医療の高度化・複雑化による患者の意思決定支援や新しい治療・技術を理解・活用するための研修を行う。
4.質の高い看護実践のために、看護職自身がリフレッシュするための研修を行う。
5.施設間を超えたネットワークの拡充を目指し、学習形態を工夫した研修を実施する。
6.多忙な看護職の学ぶ機会をより多く提供するためのインターネット研修・eラーニング等を組み込む。
7.独自のキャリア開発が図れるように、受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定(表1)を継続する。

5.学習段階設定
学習段階 看護実践能力
指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる
指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる
看護実践の場面において単独で看護を提供できる
チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる
自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる
高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる
自己の学習活動に積極的に取り組むだけでなく、指導的役割を発揮できる
論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる
自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる
Scroll Up